ラクトのひみつ

内臓脂肪を減らすのをサポート

画像1

 

ライオンの「ラクトフェリン」は、内臓脂肪を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立ちます!

 

初回限定価格

ラクトのひみつ・・・ラクトフェリン商品比較

ラクトフェリンの商品を比較してみました!
  商品名 容量 定期購入価格 ファクトフェリン
1日摂取量
その他配合成分 詳細
ラクトフェリン ライオン
ラクトフェリン
93粒31日分 5,450円(税別)
送料無料
1日3粒で300mg なし 詳細
ラクトフェリン+乳酸菌 ホコニコ
ラクトフェリン+乳酸菌
60粒30日分 4,500円(税別)
送料無料
1日2粒で300mg ビフィズス菌
フェカリス菌
天然オリゴ糖
詳細
食べるヨガラクトフェリン メニコン
食べるヨガラクトフェリン
90粒30日分 4,500円(税別)
送料無料
1日3粒で300mg 亜麻リグナン25mg
イチョウ葉エキス75mg
葉酸0.4mg
詳細
濃純ラクトフェリン100 BELIVA
濃純ラクトフェリン100
90粒30日分 7,475円(税別)
送料無料
1日3粒で300mg ヒアルロン酸60mg
コラーゲン90mg
コンドロイチン60mg
詳細

ラクトのひみつ・・・プラスアルファ

ライオンの「ラクトフェリン」のほかにも、ラクトフェリンを摂取する商品はたくさんあります。

 

その中から、代表的な商品を比較してみました。

 

オススメは・・・

という感じです。

ラクトのひみつ・・・内臓脂肪を減らすダイエット方法

お腹がスリムになるダイエット

画像2

内臓脂肪を燃やしてエネルギーとして使い切ってしまうことで、下腹部のシェイプアップ効果が得られます。内臓脂肪の蓄積によって出っぱったお腹は見た目もよくないので、ラクトのひみつで内臓脂肪を燃やして、お腹のシェイプアップを目指しましょう。内臓回りに蓄積されている体脂肪のことを、皮下脂肪と区別して、内臓脂肪といいます。カロリー過多な生活をしているとすぐに内臓脂肪は増加しますが、逆に、運動などで減らすこともやりやすい部分です。食べ過ぎは内臓脂肪の増加に直結します。内臓脂肪が増加すると、下腹部が膨らんで太って見えるようになります。逆を言えば、食生活を改善するだけの健康的なダイエットで、ぽっこりお腹を解消することができるのです。油料理や、肉など、高カロリーなものを避けて、野菜や海草中心の食事をし、ラクトのひみつにすることで、特に食事の量を減らしすぎずともダイエットは実践可能です。意外と高カロリーなものに、間食として食べるおやつがあります。スナック菓子や、チョコレート菓子などは案外と油分を多く含んでいますので、食事を節制していても、おやつを摂りすぎては意味がありまらん。一日三回の食事の他、間食や夜食を無闇に食べていると体脂肪が増加します。ダイエット効果を上げるには、食事メニューを改善するだけでなく、ラクトのひみつや運動を習慣づけることも効果的です。ハードな運動はしなくてもいいので、ウォーキングくらいの軽い運動を続ければ、体脂肪の燃焼が促進されて、内臓脂肪が燃えやすくなります。脂肪が燃え始めるのは運動を始めてから20分後くらいですから、毎日20分以上ウォーキングなどの有酸素運動をするのが効果的です。

 

効果のあるダイエット方法

画像3

ラクトのひみつによって、体に蓄積されている内臓脂肪を減らしておくことで、これから先の健康増進に役立てることが可能です。人によっては、標準体型のように見えるのに、内臓脂肪がたくさんある場合もありますので、隠れ内臓脂肪に注意しましょう。ダイエットを始めたのは、お腹の膨らみが気になり始めたからという人は少なくありませんが、どんなダイエットが内臓脂肪を減らせるでしょう。体重計で計測をして、自分自身の体重や、体脂肪量について、チェックしてみましょう。内臓脂肪は、高血圧、高脂血しょう、糖尿病、動脈硬化など様々な生活習慣病の原因となるからです。運動不足を解消し、積極的に体を動かすことと、高カロリーの食事は避けて体にいいものを食べることが、内臓脂肪ダイエットの基礎です。ラクトのひみつを使い、効率的にダイエットをしたいと思っているならう、運動をして体を動かすこと、食事の内容をダイエット向きにすることの両者が必要です。食事を摂るときは、サラダや小鉢など、カロリーの少ない料理から食べていくと、血糖値の上昇を防げます。海草や野菜を食べて、それからカロリー高めの肉や白米を食べます。まずはカロリーが多くない料理を食べて、胃袋を物理的にいっぱいにしながら、食事を摂るようにするといいでしょう。運動では、内臓脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が有効であり、できれば毎日の生活に取り入れたいものです。継続して有酸素運動を行う場合、20分までは体の中に貯め込まれているカロリーを買っています。内臓脂肪の消費をもっと多くするなら、より長い運動が必要です。

 

断食が効果的

画像4

ラクトのひみつのほかにも、内臓脂肪を減らすためのダイエット方法はいくつかありますが、食事内容の見直しや、短期間の断食などが効果的です。内臓脂肪をスムーズに減らすために必要なことは、一日の活動エネルギーが、食事等で摂取するエネルギーを常に上回るようにすることです。筋肉を増やすこと、体を動かす習慣をつけることが、内臓脂肪ダイエットでやるべきことです。しかし、運動や筋トレによるダイエット方法は、継続する努力が不可欠なので、実現する事はなかなか難しいものです。内臓脂肪を減らすために、運動を軸としたダイエットに取り組もうとしても、それまで運動不足な生活を送っていた人ほど、運動が習慣づきにくく、ダイエット効果に結びつきづらいようです。体を動かす方法以外で、内臓脂肪を減らせるダイエットがあれば、それをしたいという人もいます。カロリー消費量を増やすことが困難なら、カロリー摂取量を減らすことで、バランスをとるいう方法になりがちです。摂取カロリーを減らせば、消費カロリーが多くなくても、ダイエット効果を得ることができます。ダイエットによって内臓脂肪を減らすには、短期間の断食も効果があるといいます。また、酵素ドリンクを利用した置き換えダイエットで、カロリー制限をする人もいます。酵素ドリンクなどに加えて、ラクトのひみつなどで必要な栄養素を摂取しながら行うと、健康を維持しながら痩せる事が可能になり、より体に負担の少ない方法となります。常に使い続けていて疲労している内臓に、断食を行うことで休息を与えるという効果もあります。他のダイエットよりも続けやすい方法ですので、内臓脂肪ダイエットとしてはラクトのひみつをしてみるのがお勧めです。